FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高谷池ヒュッテ泊、妙高三田原山山スキー&黒姫スキー場テレマーク練習

 3月20~22日、夫と妙高方面に山スキー&テレマークスキーに行ってきました。 
今年は、平日も杉ノ原スキー場第3高速リフトが動いていて、1850m付近まで上げてくれました。天気は、快晴。気温も上がり暑いです。でも、三田原山の山頂の風が当たったところは硬い。最近の雨はどうだったかなと思いながら登る。柔らかそうな斜面を選んで黒沢池に滑り込む。樹林を抜けて池のあたりから、雨の流れた後で雪面はシワシワ。くっきりです。
 黒沢池より茶臼山と黒沢岳のコルに登り高谷池ヒュッテに。今夜の泊りは、私たち含めて6名でゆったり休めました。お布団もあって快適です。小屋から雷鳥平までもくっきり雨の流れた跡が、そこから山頂はカリカリな様子。景色は、抜群でも滑りはあまり楽しくなさそう。今回は、火打山には登らず安全に、三田原山にもどって、山頂より池ノ峰めざし滑ってきました。滑り始めから2000m辺りまでは硬めでしたが、徐々に緩みダケカンバの疎林の斜面、気持ちいい滑りでした。

DSC09516.jpg
杉ノ原スキー場ゴンドラ乗り場

DSC09518.jpg
リフト降り場。1850m付近、ここからシール登行、9:45出発。

DSC09523.jpg
ダケカンバの林を登る。疎林でどこも滑るに気持ちよさそうです。

DSC09520.jpg
後ろは、黒姫山

DSC09527.jpg
稜線に上がったところ。しばらく稜線を歩き三田原山に。雪庇ができています。妙高山の外輪になります。

DSC09529.jpg
黒姫山

DSC09542.jpg
この雪庇の切れ目から外輪山の中に滑り込むルート。パウダーのときに来てみたい!

DSC09545.jpg
三田原山から黒沢池に滑り降りてきたところ。シワシワで滑りづらい。遠く火打山。

DSC09546.jpg
黒沢池のあたりは、妙高山の外輪と黒沢岳・茶臼山の間にあり、静かで広々として気持ちのいいところ。ゆっくりしていたくなる所です。

DSC09548.jpg
14:30、高谷池ヒュッテ。冬期は、3階の窓が入り口。

DSC09550.jpg
部屋から見た火打山。雨の流れた跡がくっきり。きれいだけど、滑るには…

DSC09554.jpg

DSC09556.jpg
どこもシワシワ

DSC09577.jpg
火打山

DSC09571.jpg
翌朝、快晴です。冷えて雪も硬い。小屋の回りの散歩も長靴でOK!埋もれません。凍った雪の表面が踏むと剥がれてシャラシャラと音を立てます。聞こえるのはその音だけ。静かな山です。

DSC09596.jpg
黒沢池から三田原山までの登り。尾根筋の雪庇。雪の多さ、風の厳しさを感じます。雨が降ってなければ、多分フカフカのはず…

DSC09598.jpg
高野池方面、火打山、焼山を振り返る。

3日目

DSC09606.jpg
黒姫スキー場。本日は、テレマークのスクールに入って練習です。

DSC09607.jpg

DSC09608.jpg
テレマークポジションと板を落として滑るに重点を置いて講習。なかなかアルペンが抜けません。繰り返して滑ってテレマークポジションを体に覚え込ませないと… 頑張ります!!
スポンサーサイト

四ツ岳、山スキー

3月7日 四ツ岳 山スキー


P3070001.jpg
平湯キャンプ場 7:30出発。

P3070002.jpg
取り付きの斜面。切り返して登る。

P3070007.jpg
渡渉後

P3070014.jpg

P3070017.jpg
シュートの先に四ツ岳の岩陵が見えてきた

P3070018.jpg
この先、風の当たったところは硬く、13:00 2450m付近より滑り降りる。

P3070020.jpg

P3070026.jpg
フワフワではないが、しまったいい雪で板がよく走る。

P3070028.jpg
渡渉点、14:30。このころになると細かい雨混じりの雪。
雪が悪くなり、板が回らない。気を付けて降りていく。
プロフィール

とっこネイ

Author:とっこネイ
岐阜で田舎暮らしをしています。冬は山スキーと薪割り、春は新緑の山歩き、夏は沢登りとダッキーで川下り、秋は紅葉の山歩きと夫婦でアウトドアの遊びを楽しんでいます。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

おすすめ
おすすめ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。